2014年07月12日

潜在意識について 2

● 潜在意識は善悪の判断がつかない
人間誰しもイラっとすることがあります。
それでも、犯罪行為や相手を傷つける行為をしないのは
それをしてはいけないと習ってきたから、
つまり顕在意識の元にある理性が働くからです。

しかし、頭に血が上りすぎて、
無意識のうちに相手を傷つけてしまうこともあります。
これは自分を守ろうという本能が無意識に働き
理性(顕在意識)を抑え込んでしまうためです。


● 潜在意識は変化を嫌う
潜在意識は現状を維持しようと働きます。
ダイエットや禁煙が上手くいかないのも、
このメカニズムによるところが大きいのです。

潜在意識は生命をも管理します。
善悪の判断が付かない潜在意識は
急激な変化に戸惑い、元に戻そうとするのです。

私は何度もダイエットに失敗しています。
始めて数日は順調に体重が減少するのですが、
数日後には必ず風邪をひきます。

寝込むほどではないのですが、
熱っぽかったり、咳や鼻水が出たり・・・

栄養をたっぷり摂って寝ると
数日後には元の体重に戻ってしまいます。

変化を好まない潜在意識が
ダイエットを失敗させるわけですね。

変化を嫌う潜在意識ですが、かなりアバウトで
少しずつの変化には気付かないようです。

ダイエットは少しずつ体重を落として行くのが良いと言われるのも
このメカニズムによるものなんですね。



ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けたら嬉しいです ^^;

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ




posted by 青空 at 15:23 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

潜在意識について

潜在意識についての研究って、どうやって行ったんでしょ?
ちょっと気になるところではありますが、研究の結果として論じられている事を並べてみます。

● 潜在意識は主語を認識しない
他人の不幸を願ってはいけないと良く言いますよね。
万が一願ってしまったら、自分の潜在意識に刷り込み、自分に不幸を招いてしまうかもしれません。
プロゴルファーのタイガーウッズは対戦相手のパットも「入れ!」と念じているそうです。

● 潜在意識は現実と非現実を認識しない
梅干の事を考えれば涎が出て、恋の事を想えば心臓がドキドキする。
条件反射とも言いますが、意識しないのに身体が反応しますよね。
これと同じ原理で
良い事を考えれば良い事が起き、悪い事を考えれば悪い事が起きる。
と言われています。
『引き寄せの法則』もここから来ているのですね。

● 潜在意識は時間を認識しない
野球のイチロー選手やサッカーの本田選手の小学生の頃に書いた作文は有名ですね。
どちらも未来を明確にイメージし、あたかも現在の事のように思えます。
潜在意識は『既に手にしているはずのものが現実にはない』と気付き、
それを手に入れられるように働きだすのです。
『引き寄せの法則』で、既に手に入れたようにイメージするのが重要といわれているのも納得ですね。

本田選手・イチロー選手の作文はこちら



この記事も面白いのでぜひご覧ください
【叶ってる?】有名人の潜在意識エピソード

長くなるので次回に続きます



ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けたら嬉しいです ^^;

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ




posted by 青空 at 20:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。