2014年06月25日

潜在意識と顕在意識


以前にもお話ししましたが、
人間の意識には潜在意識と顕在意識があると言われています。

 顕在意識 自分の意識下にあるもの
 潜在意識 無意識下にあるもの

よく、顕在意識と潜在意識は氷山に例えられます。

C9B9BBB3.jpg

水面に出ている部分が顕在意識、水面下に隠れている部分が潜在意識ですね。
水面下は見えている部分の何倍も大きくなっていて、
その比率は1:9とか、3%:97%と言われています。

潜在意識は、無意識下で黙々と仕事をこなします。
風邪をひけば体温を上げて病原菌を退治し、水分不足になれば喉をかわかせる。
栄養が足りなくなればお腹を減らし、休養が必要となれば眠くさせる。
といった具合です。

とっさに、ある事(人の名前など)を思い出せず、
しばらくしてから「あっ、○○さんだった」って思いだした経験はありませんか?

これは無意識下で潜在意識が黙々と過去の記憶を検索し、
答えを導き出したのだと言われています。

なんせ潜在意識は顕在意識の10倍近く大きいのです。
しかも使われる事が少なく、余力はたっぷりあるようです。
これを活用すれば、もっと幸せになれるかもしれません。

そこで、潜在能力を活用する方法が研究されてきて、
いろいろなことがわかってきました。

次回解説しますのでお楽しみに♪


ランキングに参加しています。
応援のクリックを頂けたら嬉しいです ^^;

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



posted by 青空 at 16:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。